着物の仕立ては奥が深いけど楽しかったよ。

娘と一緒に生地を持って出向き、染め上げる色を相談して決定。明るい朱色?落ち着いた濃いめのピンク色?に染めてもらう事にしました。

そして2ヶ月後、思い通りの色に染まった生地で着物に仕立ててもらいました。背中のところに華やかな色でお花の紋を刺繍してもらい格をUP! これはお店の方からの提案でした。紋といえば家紋を思い浮かべますが、子供にピッタリのお花の紋なんてあるんですね。

次に悩んだのが帯選び。

帯も色々見せてもらいましたが、どれも素敵で悩む悩む。でも着物自体が濃い色あいなので、帯は白地に鞠の模様のスッキリしたデザインのものにしました。
その他の小物(帯揚げ、帯締め、半衿、しごき等など)は、半分お店の方に決めていただいた感じです。バリエーションがあり過ぎなのと、私に着物の知識がなさ過ぎて、自分では決めきれなかったのです〜。

数ヶ月かかって7歳のお着物も準備が整い、無事に七五三のお詣りを済ませることができました。うちの子は4歳離れているので、この時は上の子下の子揃って七五三が出来ました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です