着物の仕立ては奥が深いけど楽しかったよ。

娘と一緒に生地を持って出向き、染め上げる色を相談して決定。明るい朱色?落ち着いた濃いめのピンク色?に染めてもらう事にしました。

そして2ヶ月後、思い通りの色に染まった生地で着物に仕立ててもらいました。背中のところに華やかな色でお花の紋を刺繍してもらい格をUP! これはお店の方からの提案でした。紋といえば家紋を思い浮かべますが、子供にピッタリのお花の紋なんてあるんですね。

次に悩んだのが帯選び。

帯も色々見せてもらいましたが、どれも素敵で悩む悩む。でも着物自体が濃い色あいなので、帯は白地に鞠の模様のスッキリしたデザインのものにしました。
その他の小物(帯揚げ、帯締め、半衿、しごき等など)は、半分お店の方に決めていただいた感じです。バリエーションがあり過ぎなのと、私に着物の知識がなさ過ぎて、自分では決めきれなかったのです〜。

数ヶ月かかって7歳のお着物も準備が整い、無事に七五三のお詣りを済ませることができました。うちの子は4歳離れているので、この時は上の子下の子揃って七五三が出来ました。

着物リサイクル

お天気が冴えなくて七五三のご家族も大変ですね。前回に続き、栃木の実家に眠っていた古い着物リイクルの話です。

7歳の七五三のお着物は、3歳のと比べるとだいぶ大人に近い装いですね。
3歳のお着物が大好評だったので(家族内で。)、7歳もまた仕立ててもらうことにしました。
いい生地を探しに実家へ。

今回はあまり納得する生地に出会えず苦戦しました。全体的に地味な着物が多く、そんな中にもザ・成人式なお目出度い柄の着物もありましたが私の趣味ではなく…。3歳用に仕立てた時のようなアンティークな感じを求めていたのですが、残念ながら出会えず。

その後、何度か東京と栃木を往復してついに発掘しました。
着物が保管してあったのとは別のところに反物を見つけたのです。いくつか洗い張りした状態のものもありましたが、私が目をつけたのは地模様のある白地の生地。つまりまだ染色されていない反物でした。
娘に私のイメージを伝えたら「それがいい!」とのってくれたので、さっそく3歳のお着物をお願いした都内の仕立屋さんへ!

着物リサイクルで七五三

微妙なお天気の下、先日のハロウィンイベントは無事に終了しました。わが家の2人の魔女たちも大いに楽しんでいた様子で何よりです。コスチューム材料費が2人ぶんでもトータル1000円とは誰も思わなかった事でしょう。

ハロウィンが終わるとお次は七五三。
わが家は2人とももう済んでしまったので、この時期に七五三参りの子を見かけると、昔はこんなだったなぁとしみじみ感じてしまいます。
女の子のお着物、レンタルする人が多いのかな。
わが家は栃木の実家に眠っていた昔の着物をリメイクして3歳のお着物を仕立てました。

当時、私は普通に撮影付きレンタル着物屋さんでお願いしようと考えていたのですが、実家の母から着物のリメイクを提案されたのです。栃木の実家に遊びに行った時に見てみると、大量の古い着物が!

母より前の代のものらしいですが、保管の状態も良く、何よりも生地のアンティークな柄を見て私も気に入ってしまいました。昔の羽織なのか、丈が短く用尺が足りるか心配だったのですが、仕立屋さんに持ち込んでみると「3歳のお着物だからピッタリの長さですよ」と。

それから2ヶ月後、無事に仕立て上がった着物と他に買い足したお被布、草履で記念に残る3歳の七五三詣りを済ませることができました。
そうそう、仕立てた残りの生地を頂くことができたので、なんちゃってつまみ細工の頭飾りだけはハンドメイドしました(´ω`) 自己満足。

7歳のお着物も実家に眠っていた着物生地から仕立ててもらいました。それについてはまた次回。

ハロウィン衣装作りの生地探しに日暮里へGO

先日、家から自転車を走らせて日暮里繊維街へ買い出しに行ってきました。
もうすぐハロウィンですからね!
魔女の衣装つくらなくっちゃ。
あれ?ようやく在庫布が片付いたんじゃなかったっけ?
今後は必要な布を用尺分だけしか買わないと心に誓って行ったので大丈夫なのです。

日暮里、最近は外国の方も目立ちますね。
それもあってか、和風の生地、着物風な生地もお店の前面に出ていたりしました。
そうそう、着物の生地というか着物そのものですが行き場のない子達が眠っているのです、実家に。それらの整理もしなくちゃな、と思ってはいるのですがハロウィンが終わったら考えます。

日暮里で新たに購入した生地は、その日のうちに2人ぶんの紺色魔女ワンピースと赤いリボンに無事縫い上げられました。
その後、200円/m で購入した黒フェルト地で黒猫を2匹作り、ワンピースの肩のところにちょこんと乗っかるように留めました。スナップボタンなので着脱可能!
生地は、フェルトが半分くらい残ったものの、他はほぼ使い切ったので良しとします。

旦那さんが100均グッズを駆使して作ってくれた魔女のほうきも完成して、準備はバッチリです。ハロウィン楽しみ。あれ?台風近づいてるけど…。

在庫生地の一斉整理だ!

我が家には小学生の子供が2人いますが、子供って成長するにつれて場所を取るようになりますよね。本人のサイズもそうだし、それに伴って着る服のサイズも大きくなり、さらには好みもはっきりしてきて洋服のバリエーションも増えます。

机やらベッドを買い揃え、学校の教科書、文房具、図工の作品、本などなど本当に大量のモノが我が家に押し寄せてきます。
それらの収納場所を確保するため、まずは在庫生地たちの整理をすることにしました。

全ての在庫生地たちを奥底から引っ張り出して選別。何かを作った残りの端切れ布はばっさり処分。5年以上前からずっとあって結構かさばっていた黒のフリース生地も、入園準備で大量に買って残っていたキルティング生地も処分。

もうぜったい使わないであろうキャラクター生地も処分。
捨てるのが惜しい気に入った柄の端切れは、学校で使うランチョンマットや巾着に変身。(バザーでもあれば、もう少し本腰入れて大量に作るんですが、残念ながらバザーのない学校なのです)。
この時点でだいぶ布が減り、無印のPPケース引き出し4段に無事収まりました!

はースッキリ。
というわけで、これから日暮里に行ってきます
(´ω`)