残った古い着物の行方。

娘たちの七五三が終わった後に残ったのが、実家の古い着物の整理。
忙しくてなかなか着手できず、七五三の数ヶ月後に栃木の実家行ってみるとなんと!!
古い着物が増えていたのです…。
母によると、孫の七五三リメイク着物の話をした友人数人から「うちにも眠ってる着物があるから使えるなら使って」、「家を建て替えるから着ない着物を手放したい」と譲り受けたとの事。

状態も、まあまあの物からやや傷んだ状態のものまでありました。いらなかったら捨てて!くらいの勢いで持ち込まれたそうで。
そうそう着物を着る機会もないし、リメイクするにもお金はかかるし七五三はもう済んでるし。
残っている着物の大半は、正直アンティークというより昔の古いものという印象の方が強い物ばかり。 箱に入って持ち込まれた物から、そのまま風呂敷に包んだ状態の物までありました。

もうこれは、粗大ゴミ!!
でも譲って下さった母の友人には申し訳ないので、何点か綺麗な柄のものを選び、クッションカバーに作りかえて差し上げました。

さて、残りの着物をどう処分するか。
ネットで「着物買取 栃木」で検索してみると、着物を買取してくれる業者の紹介が載っていました。着物の買取といえば、地元の和服屋さんとかで引き取ってもらうのが一般的かと思ってましたが、わざわざ自宅にまで取りに来てくれるようなサービスまであるんですね。便利な世の中だ。

梱包キットも何点でも無料、送料着払い、査定のつかないものも引き取ってもらえるらしいです。古すぎるものは査定がつかなかったりするそうですが、捨てる事を考えればいいですよね。
終活がブームな近頃はこういうサービスを利用する人も多いようですね。うちも母が元気なうちに実家の整理をしておきたいです。

着物の仕立ては奥が深いけど楽しかったよ。

娘と一緒に生地を持って出向き、染め上げる色を相談して決定。明るい朱色?落ち着いた濃いめのピンク色?に染めてもらう事にしました。

そして2ヶ月後、思い通りの色に染まった生地で着物に仕立ててもらいました。背中のところに華やかな色でお花の紋を刺繍してもらい格をUP! これはお店の方からの提案でした。紋といえば家紋を思い浮かべますが、子供にピッタリのお花の紋なんてあるんですね。

次に悩んだのが帯選び。

帯も色々見せてもらいましたが、どれも素敵で悩む悩む。でも着物自体が濃い色あいなので、帯は白地に鞠の模様のスッキリしたデザインのものにしました。
その他の小物(帯揚げ、帯締め、半衿、しごき等など)は、半分お店の方に決めていただいた感じです。バリエーションがあり過ぎなのと、私に着物の知識がなさ過ぎて、自分では決めきれなかったのです〜。

数ヶ月かかって7歳のお着物も準備が整い、無事に七五三のお詣りを済ませることができました。うちの子は4歳離れているので、この時は上の子下の子揃って七五三が出来ました。

着物リサイクル

お天気が冴えなくて七五三のご家族も大変ですね。前回に続き、栃木の実家に眠っていた古い着物リイクルの話です。

7歳の七五三のお着物は、3歳のと比べるとだいぶ大人に近い装いですね。
3歳のお着物が大好評だったので(家族内で。)、7歳もまた仕立ててもらうことにしました。
いい生地を探しに実家へ。

今回はあまり納得する生地に出会えず苦戦しました。全体的に地味な着物が多く、そんな中にもザ・成人式なお目出度い柄の着物もありましたが私の趣味ではなく…。3歳用に仕立てた時のようなアンティークな感じを求めていたのですが、残念ながら出会えず。

その後、何度か東京と栃木を往復してついに発掘しました。
着物が保管してあったのとは別のところに反物を見つけたのです。いくつか洗い張りした状態のものもありましたが、私が目をつけたのは地模様のある白地の生地。つまりまだ染色されていない反物でした。
娘に私のイメージを伝えたら「それがいい!」とのってくれたので、さっそく3歳のお着物をお願いした都内の仕立屋さんへ!

着物リサイクルで七五三

微妙なお天気の下、先日のハロウィンイベントは無事に終了しました。わが家の2人の魔女たちも大いに楽しんでいた様子で何よりです。コスチューム材料費が2人ぶんでもトータル1000円とは誰も思わなかった事でしょう。

ハロウィンが終わるとお次は七五三。
わが家は2人とももう済んでしまったので、この時期に七五三参りの子を見かけると、昔はこんなだったなぁとしみじみ感じてしまいます。
女の子のお着物、レンタルする人が多いのかな。
わが家は栃木の実家に眠っていた昔の着物をリメイクして3歳のお着物を仕立てました。

当時、私は普通に撮影付きレンタル着物屋さんでお願いしようと考えていたのですが、実家の母から着物のリメイクを提案されたのです。栃木の実家に遊びに行った時に見てみると、大量の古い着物が!

母より前の代のものらしいですが、保管の状態も良く、何よりも生地のアンティークな柄を見て私も気に入ってしまいました。昔の羽織なのか、丈が短く用尺が足りるか心配だったのですが、仕立屋さんに持ち込んでみると「3歳のお着物だからピッタリの長さですよ」と。

それから2ヶ月後、無事に仕立て上がった着物と他に買い足したお被布、草履で記念に残る3歳の七五三詣りを済ませることができました。
そうそう、仕立てた残りの生地を頂くことができたので、なんちゃってつまみ細工の頭飾りだけはハンドメイドしました(´ω`) 自己満足。

7歳のお着物も実家に眠っていた着物生地から仕立ててもらいました。それについてはまた次回。

ハロウィン衣装作りの生地探しに日暮里へGO

先日、家から自転車を走らせて日暮里繊維街へ買い出しに行ってきました。
もうすぐハロウィンですからね!
魔女の衣装つくらなくっちゃ。
あれ?ようやく在庫布が片付いたんじゃなかったっけ?
今後は必要な布を用尺分だけしか買わないと心に誓って行ったので大丈夫なのです。

日暮里、最近は外国の方も目立ちますね。
それもあってか、和風の生地、着物風な生地もお店の前面に出ていたりしました。
そうそう、着物の生地というか着物そのものですが行き場のない子達が眠っているのです、実家に。それらの整理もしなくちゃな、と思ってはいるのですがハロウィンが終わったら考えます。

日暮里で新たに購入した生地は、その日のうちに2人ぶんの紺色魔女ワンピースと赤いリボンに無事縫い上げられました。
その後、200円/m で購入した黒フェルト地で黒猫を2匹作り、ワンピースの肩のところにちょこんと乗っかるように留めました。スナップボタンなので着脱可能!
生地は、フェルトが半分くらい残ったものの、他はほぼ使い切ったので良しとします。

旦那さんが100均グッズを駆使して作ってくれた魔女のほうきも完成して、準備はバッチリです。ハロウィン楽しみ。あれ?台風近づいてるけど…。

在庫生地の一斉整理だ!

我が家には小学生の子供が2人いますが、子供って成長するにつれて場所を取るようになりますよね。本人のサイズもそうだし、それに伴って着る服のサイズも大きくなり、さらには好みもはっきりしてきて洋服のバリエーションも増えます。

机やらベッドを買い揃え、学校の教科書、文房具、図工の作品、本などなど本当に大量のモノが我が家に押し寄せてきます。
それらの収納場所を確保するため、まずは在庫生地たちの整理をすることにしました。

全ての在庫生地たちを奥底から引っ張り出して選別。何かを作った残りの端切れ布はばっさり処分。5年以上前からずっとあって結構かさばっていた黒のフリース生地も、入園準備で大量に買って残っていたキルティング生地も処分。

もうぜったい使わないであろうキャラクター生地も処分。
捨てるのが惜しい気に入った柄の端切れは、学校で使うランチョンマットや巾着に変身。(バザーでもあれば、もう少し本腰入れて大量に作るんですが、残念ながらバザーのない学校なのです)。
この時点でだいぶ布が減り、無印のPPケース引き出し4段に無事収まりました!

はースッキリ。
というわけで、これから日暮里に行ってきます
(´ω`)

ハンドメイドと断捨離と。

はじめまして
関東在住、アラフォー主婦です。
ハンドメイド好きですが、断捨離に目覚め、家の中を片付けるのが最近の趣味です。
このブログで、私の平凡な日常をつらつらと綴っていきたいと思います。

暇さえあれば無料型紙を検索して、なるべくお金をかけずにハンドメイドを楽しんでいた私。
子供の小学校入学グッズに始まり、子供部屋のカーテン、クッションカバー、子供服、、、。これまで散々作ってきました。
子供に頼まれれば、よし来た!とばかりに夜なべをしてでもリクエストに応える。
押し付けがましくも、甥っ子の入園グッズ一式を作らせてもらう等など。

もうね、無心にミシンを動かしてる時の楽しさといったら!
それ以上に、生地屋さんで生地を選んでいる時の幸せといったら!(わたくし、日暮里繊維街なら何時間でもいられます)
そうして購入した生地たちは、すぐにハンドメイドに使われたとしても大量の余りが出たり、少し季節に合わないなどでしまい込まれ数ヶ月経つと忘れられ、、、。

そんなこんなで、気がつけば在庫生地の山、山山!!
子供が大きくなるにつれて、必要な家具も増え、さらに在庫生地たちの居場所が無くなり、ついにわたくしは断捨離を決心するのです。
続きはまた次回。

不要な品が押入れの中に放り込んだままになっているという方はいませんか…。

不要な品が押入れの中に放り込んだままになっているという方はいませんか?

あなたもそうであれば、古着の買取査定をして貰うと、期待以上に高い金額で売れる場合もあります。ネットが広く浸透している今日では、DVDの買取業者をたくさん見つけることができますが、皮肉なことにその数があまりに多いので、どこに頼むのがベストなのか見極められないのではないかと思います。

こちらでは国内のブランド品の買取で人気のお店を詳しくチェックした上で、売りに行っても後悔しない優良なショップをご案内しています。それなりのお金を支払うことで買い求めたブランド品で、1円でも高く売りたい品ならば、古着の買取が専門の業者に査定してもらうことをオススメします。

やはり貴金属の買取をしてもらう時のポイントは相見積りに違いありません。数多くの業者に見積もりを出してもらうことが、買取額をアップさせる最も効率的な方法でしょう。

貴金属の買取を実施している業者は多数に上るので、残らず比較して検討するわけにはいきません。それがあるので、「ここを選べば大丈夫」と思える業者を5つに限ってご紹介いたします。

出張買取というのは、不用品に取り囲まれた暮らしから逃れられる一番早い方法です。不用品の片が付けば、スペースも生まれて、心も余裕が出てくるはずです。ユーザーが急増中の宅配買取の利用方法というのは、非常に分かりやすく直ぐに要領が掴めると思います。時間をかけて店に品物を持っていく手間が掛かりませんし、自身の生活習慣に合わせて利用できるというわけです。

当然ですが、DVDの買取相場というのは、ファン層が多ければ多いほど高いです。それからレアな品かどうかも関係します。むろん店舗によって買取価格が違っていますから、お店選びも念入りに行わなければなりません。
こちらのサイトにおいては、「高い評価のフィギュアの買取業者」、「売却時に把握しておくべき業界特有の知識」、「理解していないと損失になる高値で売却する裏技」などを取りまとめています。

このWEBサイトでは、DVDの買取を請け負う店の正しい選択方法と相場の確認方法を公表しています。さらに手軽に実行できる最高価格の確認法も披露しているので、どうぞ参考にしてください。

ブランド品の買取価格は、需要と供給や査定タイミングによってもかなり変わってくるため、根拠のないランキングだけを信頼してお店を選ぶと、高く売れません。
古着の買取をしてもらいたいと思い立ったのですが、ネットで業者探しをしてみると、買取をする業者が思った以上にたくさんあることを知り、どのようなポイントで業者を選択したら良いのか見当がつきません。
査定によって明らかになる時計の買取価格は、利用した買取店によってだいぶ異なるというのが現実ですが、軽微な時計のコンディションの違いによっても、査定価格は全く異なってくるというのが実態です。それに関しまして、一つ一つご教示いたします。

ブランド品の買取を頼めるお店は多いですから、どのお店に依頼すればいいかなかなか決断できませんよね。そんな悩みを解決するために、どのような視点で買取専門店をチョイスすればいいのかをお教えします。